NEWS

Barbour Vintage Oiled Jacket

今回は、VINTAGE界隈では王道の"Barbour"(バブアー)をピックアップ。
イギリス王室認定のワラントという称号が与えられた、正真正銘の英国ブランドです。
イギリスのみならず、今や世界中の人々から愛されてきたそのジャケットは、
使えば使うほど身に着けた人に合うように馴染み、自分だけの一生ものになります。

「服を永く着る」という”森”の価値観もあり、今改めて提案すべく、バイヤーが世界中から集めました。

Barbour
1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウス・シールズで創業した。当初は北海の不順な天候下で働く水夫、漁師、港湾労働者のために鱈の肝油を塗ったオイルドクロスを提供したのが最初であったが、それで製作した防水ジャケットの耐久性の高さから定評を得、100年以上イギリス王室やハンティングを楽しむ貴族、アウトドア愛好家にその製品が愛用され続けている。防水に用いるオイルは様々な変遷をたどっており、悪臭を発するものや着心地が悪いもの、環境に悪いものなども採用されていたが、現在はそれらの問題を解決した最高級のエジプト綿とビーコンオイルを使用し完全な防水性と通気性を両立したソーンプルーフと呼ばれる素材を使っている。
第一次世界大戦、第二次世界大戦を通じて防水服をイギリス軍に納入した。
1936年に「インターナショナルジャケット」を発表、スティーヴ・マックイーンが着用したなどからライダーズジャケットの定番となった。
1974年にエディンバラ公フィリップ、1982年にエリザベス2世、1987年にチャールズ皇太子からイギリス王室御用達の指定を受けた。